検索
カテゴリー
アーカイブ
ド根性ケイトウ!
鶏頭の花が道端にさいている。それも舗装とガードレールの
コンクリートの少しの隙間に。

真っ赤な花でニワトリのとさかにそっくりである。
燃え盛る炎のようだ。

小さな種が風でとんできて、養分の少ない少しの土に
花をつけて大きくなっている。

力強い生命力である。水、土、そして太陽の光これだけで
は、生きられない何かをこの生物はもっている。

それは生きてやるという根性・野性味である。

頑張れ日本!!
 
2011年10月30日 08:17:04 AM
えほんコンサート!
…あなん図書館まつり2011…

絵本の朗読に楽器演奏のコラボは、良い企画で
また、それに子どもたちの映画の歌、「さんぽ」、「いつも何度でも」
をソプラノ歌手が歌うシーンも見応えがあった。

おはなしボランティアの3名が、阿波の民話では、「打桶川のカッパ」の阿南むかしばなしの朗読もすごく上手であった。

絵本は 1.ネコとクラリネットふき
    2.むくどりのゆめ
    3.てぶくろをかいに
で3冊とも良かった。秋山雅子さんの朗読・ナレーターは素晴らしい。
私の隣の席の親子は、小松島市から見に来られていたようだ。 
      
2011年10月29日 05:00:59 PM
王子製紙 王友会の旅行!
滋賀方面に1泊のOB会旅行に行ってきた。
今、浅井3姉妹に注目が集まっている。人気の「江」のため、たくさんの人出で観光バスが引っ切り無しである。
浅井歴史民俗資料館(お市の里)に出向く。浅井は「あさい」でなく「あざい」であった。

さらに西国13番札所石山寺にも足を運ぶ。淀殿(茶々)が石山寺を再興したとのことである。近江国小谷城主 浅井長政の娘である淀殿は妹の「江殿」とともに戦国乱世の時代に数奇な生涯をたどった。

また、延暦寺の根本中堂に参拝する。
観光行政について;
阿南市にこのようなスポットはないのか。たくさんある。歴史上の人物はたくさんいる。
牛岐城関連、足利・公方などPR不足である。努力と熱意で観光スポットになれる。研究していこうではないか。
2011年10月27日 11:18:23 PM
おっちゃん二人の写真展!
光のステージョンプラザに、二人の写真展が25日から
始まった。
期待していた通り、たくさんの素晴らしい写真が展示されている。
松浦孝氏と姫野博司氏である。

お二人とも良く知っている。会社では大変お世話になっていた。
松浦氏の「虫送り」は長生町にしか行っていない伝統行事である。
私がこの行事に参列して行進しているので特に目を引く。
長生町の公民館にも寄贈してもらっている。

姫野氏の「雪の朝」は雪が印象的だ。


それにしても1枚の写真のために、どれだけの時間をかけていることか。
辛抱と根気がいることに間違いが無いです。

2011年10月25日 06:15:42 PM
王子製紙王友会(OB)総会・懇親会開催!
総会の案内状を各宅に配っていく。
私の担当は、長生町と桑野町、山口町、阿瀬比町で40人である。
OB会の人数は805名である。

阿瀬比町を配っていると、お遍路さんに出あった。
仙台市から来ている遍路さんで、3回目の挑戦をしているそうです。

今晩は新野の平等寺に宿泊するとのこと。

四国88か所の4県の内、徳島県が巡礼者に対し、また信仰に対して一番取り組み方が真摯であるとの印象を受けると語っていた。

白装束に身を固め、霊場巡りをする。何故人は巡礼をするのか。
歩くことも大事な修行なのかな。どんなひとでも仏になる可能性が
が秘められているかも…。




2011年10月24日 05:58:32 PM
23年度徳島県読書振興大会!
22日に美馬市脇町(オデオン座)で開催された。

今年のテーマは「読書は生きる力の基礎」 ー絵本からはじまる読書ー

1.中学生の絵本の読み聞かせ 受けてから送り手へ 脇町中学
2.ものがたりで繋がるキッズとシルバー
3.三好市中央図書館 移転後の取り組みについて

講演は「感性の花ひらく読書」で教育評論家、児童文学作家
    漆原智良氏

 太平洋戦争の戦争孤児で、震災孤児たちとかっての自分がかさなる。
 八丈小島の教師をえて、退職後教育評論家として活躍。

心をいやす「読み聞かせ」の場、感性の花は大輪となっていく。
2011年10月22日 08:09:26 PM
桑野道路の測量開始!
いよいよ始まった。高規格道路の測量である。
大谷地区、宮内、三倉地区、そして明谷地区で作業が始まっている。

何十年も大きな変化のない地域であった。このたび道路ができるのである。

道路は大きく周囲の景色・風景を変えていくであろう。

また、人の思いも変わっていくのかもしれない。

いずれにしても、道路は、田んぼや家を潰していく。移転をしいられる家もある。
いつ頃完成になるのか、ちょっとの期待…。騒音は排気ガスは土地の減少
、雨水、排水問題などの不安…。

この道路が地域の活性化に結びつくのか?一番の気がかりであるところである。結びつけなければならない!
2011年10月21日 11:03:31 PM
総務委員会行政視察!
10月11、12日、総務委員会のメンバー(議員6名と理事者3名、議会事務局1)で
愛知県の刈谷市と東海市に視察に行く。
刈谷市の市民ホール(総合文化センター内)を見る。生涯学習センターとして、研修室、展示ギャラリー室、練習室など。さらに、大ホール1541席、小ホール282席であり、刈谷駅前の開発に合わせ、総合文化センターとして、市民ホールを位置づけている。立派である。
刈谷市。人口14.5万人、面積50㎞2。
東海市には、市民、企業、団体などのまちづくり市民委員会が中心になり
市民の手づくりのまちづくりに取り組んでいる。
第5次総合計画に反映している。つくるための計画から、つかうための計画へ、行政との協働と共創で。
東海市、人口11万人、面積43㎞2.

市民会館の建て替えの参考になった。また、まちづくりの理想的な取り組みをされているのには、びっくりした。
2011年10月16日 12:49:43 PM
中林港で海王丸発見!
北の脇中林港の沖合に海王丸を発見した。
本物である。
実習のため、阿南に航海してきたのであろうか。


海の貴婦人として賞賛され親しまれている。

帆を張っていないが、4本のマストが高くそびえ
白い船体とその姿は、海の厳しさとは反対に、やさしさが漂っている。

近くで見たくて、中林港から船で近くまで接近してカメラに収めてきた。

12日に出航するようである。
帆をいっぱい広げ、風をはらんで進んでいく姿を見たいところである。


2011年10月10日 08:23:21 PM
放射線基準!
いま大きな関心は放射線のことか。
除染をどうするか。また
年間被爆線量の限度をどうするか。
現在年間1ミリシーベルトから「1~20ミリシーベルト」と緩く
するようだ。年間1msvに維持できないからでしょうか。

甘すぎないか。
2011年10月08日 09:55:27 PM
食育舞台!
11時20分に牛岐の郷に。(その前に本庄保育所の運度会に参加する。)

牛岐城跡は400人位の人の列である。
室町時代の食事が無料で出る。

昔の人も結構グルメであったようだ。自然の素材をうまく加工した
ものばかりで、感心する料理ばかりである。

阿南のえ~級グルメのコンクールの結果は、どうなったのでしょうか。

13時30分より夢ホールで、阿南高専、阿南市、大阪大学連携
特別講演会を聞きに行く。

明日の阿南を考える
  「安全で豊かなまちづくりのために」をテーマに大阪大学の先生の
講演があった。
2011年10月01日 05:40:21 PM