検索
カテゴリー
アーカイブ
市議会6月定例の日程!
6月3日の開会をして23日閉会に日程で6月議会が
ある。

6月9日は会派の代表質問
6月10、13日は個人質問である。

東日本大震災後の阿南市議会である。
その面で議員、行政そして市民の目線も
捉え方も今までと変わってきていると感ずる。
特に防災の見直しそして。原発事故に伴う、電気の安定供給の不安や
原発と自然エネルギーとの考察など、大きな課題を突き付けて
いる。

私も多方面にわたり、調査研究して問いただしていきたい。
皆様のご相談をご意見をお待ちしております。

2011年05月31日 11:37:50 AM
電田-でんでん-構想の提案!
ソフトバンクの孫社長は休耕田や耕作放棄地を活用して、太陽光発電施設を
つくる、「電田プロジェクト」を提唱した。
休耕田約20万ヘクタールと耕作放棄地約34万ヘクタールに太陽光発電パネルを設置して5000万kwを発電するもの。原発50基分の電力をつくるというもの。

我が長生町の三倉地区に広い耕作放棄地がある。また、ミカン畑も放棄されている。
(南に面している 最適条件地である)。合わせて7~8ヘクタールの面積はあるのでないか。

「でんでん構想」にいの一番に手をあげて行きたい気持ちである。
研究していきます。


2011年05月25日 10:37:42 PM
第6回阿南市合唱祭!
今年で6回になる阿南合唱祭が夢ホールであった。

7つのグループと特別ゲストグリューンコールが出演された。

昨年に比べ聴衆は多かったようである。
新緑の季節にふさわしいすがすがしい歌声をたくさんの市民に
と 各グループが演奏した。

市民文化の発展と掘り起こしに、これからも私としては最大限の努力を
していきたい。

阿南合唱団は、①秋のピエロ 堀口大学作詞 清水脩作曲
       ②モルダウ スメタナ作曲 岩河三郎作詞
       ③琵琶湖周航の歌 小口太郎作詞
                
 歌った。練習の様に本番はいかないですね。  

 
2011年05月22日 06:22:11 PM
ハインリッヒの法則!(1:29:300)
労災の統計の分析で重大災害を1とすると、軽傷の事故が29、そして
無傷災害は300になる。「1件の重大災害(死亡・重傷)が発生する背景に、29件の軽傷事故と300件のヒヤリ・ハットがある。
いつやって来るか分からない災害を未然に防ぐには、不安な状態や行為を認識し、ヒヤリ・ハットの段階で地道に対策を考え、実行していくことが大切であるとのことである。
今回の福島第一原発事故にも当てはまるものである。私の長年の設備保全の経験からすると、日頃の設備の改善を常に頭におき、新しい技術を積極的に導入し現場から盛り上げていく姿勢が大切である。
ヒヤリハットの情報を公開していくことは当然である。

「想定外」とはそれ以上のことは考えないようにしょう。という思考停止に繋がり、安全対策を放棄することになりはしないか。
万が一に備えた危機管理を見なおさなけらばならない。
東電の責任を否定する「神の仕業」という大臣がいるが、東電の内部体質からくる安全対策の不備!人災であり責任は大きい。
2011年05月20日 01:23:21 PM
いいだ 忠志通信!
平成23年3月議会代表質問の概要をリリースします。
概略であるので詳細は、阿南市議会発行の議会録を見てもらいたい。

公民館、図書館に議会録は常備しております。

疑問やご意見がありましたら電話やメールでお問い合わせください。

よろしくお願いします。
2011年05月16日 09:07:34 PM
東日本大震災 18!
やっぱり圧力容器に穴が!
水が溜まってなかった。燃料が溶け出しての熱溶解である。その事を認めた。

これまでに1万トンの水を入れてきた。容器は満水で360トンである。素人でも水はどこかに逃げている。その原因は圧力容器に穴、さらに格納容器に穴、が空いていることは誰でも判断できることである。

東電の不都合な事を隠そうとする体質は治っていない。先の大戦の大本営発表……とまったく同じで、最後は恐ろしい事に。



2011年05月13日 08:14:46 AM
東日本大震災 17 映画 「お菓子放浪記」!
5月封切りの「エクレール・お菓子放浪記」は、戦中・戦後を生きた孤児を描いた、涙を呼ぶ映画だ。空襲で焼け残ることになる古い町並みは、石巻市で撮影されたようである。だから津波に襲われ壊滅した街並みは、懐かしい光景として映像に残っているようである。

原作は西村滋の自伝的作品。

映画に出たエキストラ(ボランティア)の中には行方不明や亡くなられた方が
居られる。

震災前の石巻の美しい風景とこの映画作りを支えた宮城県民の心をスクリーンを通じて応援していきたいものである。


2011年05月07日 10:44:17 PM
東日本大震災 15!絆と寛大な心を!
3月16日の天皇陛下のお言葉に、海外においては、この深い悲しみの中で、日本人が、取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。これからも皆が相携え、いたわりあって、この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています。と述べられておられます。

確かにテレビ画面から、秩序ある対応を目にしますが、その反面被災者の宿泊を断ったり、被災者の車ナンバーを毛嫌いしたり、避難者の子どもをいじめたりなど差別行動をとる人がいるニュースがある。

また、野菜やその他の食品についても、除けものにする風評被害があとを絶たない。

このような事では、褒めたものではないと、私は思う。まだまだ日本は勉強していかなけらばならない。真の「絆」社会の実現のために、もう一度考えてみる必要がある。
2011年05月05日 11:01:40 PM
国史跡 阿波遍路道の勉強会!
20番鶴林寺から21番大龍寺周辺の約4.5kmの阿波遍路道の
概要や史跡指定までの経過などを教えてもらった。

講師は 文化振興課の向井公紀氏です。

さらに埋蔵文化財の発掘調査の予定である、加茂町のかも道(整備して指定に向け運動中)の経塚(出てくれば即重要文化財)について伺った。

もう一つ、内原町の成松窯跡も昭和56年から30年ぶりに再度発掘調査に挑むとのお話であった。

これらの調査で阿南市が考古学史上において、価値ある「お宝」が発見でき
日本の歴史に大きな裏付けや説得・納得性を与える舞台が待ち構えている…
そんなイメージがわいてきた。ロマンあふれるお話であった。

皆さん笑顔の勉強会であった。有難うございました。
 
2011年05月03日 09:06:42 AM
長生FC 創立30周年記念大会!
長生FC(少年サッカー)は昭和56年(1981年)の創部から30年を迎えた。岡監督を初め、指導者そして保護者の皆さんおめでとうございます。

その記念として1日、中浦緑地グランドで記念大会を開催した。
私は、1986年と87年の2年間だけ、FC監督として子ども達と共にグランドを走り手伝いをした。

サッカーの経験はなかったのですが、ルールブックを読み、見よう見まねで試合に望みました。

サッカーは瞬時に展開が変わりスピーディで体力のいるスポーツです。
そして先先の展開を読む事が要求されます。

ボール1つで楽しく遊べるサッカー!
サッカーが益々栄えること、そして長生FCの益々の活躍を祈念しております。

 
2011年05月01日 05:29:04 PM